【開催報告】「桃太郎」に学ぶストーリー型プロフィールの魅力とは? - わたしスタイルLABOわたしスタイルLABO
2014.8.20
illust3607

【開催報告】「桃太郎」に学ぶストーリー型プロフィールの魅力とは?

 

わたしスタイルLABOの滝田です^^

 

 

本日は、

【1日勉強会】「選ばれて愛される人になる共感プロフィール作成講座」
開催いたしました!

 

プロフィール講座

 

 

 

WEBサイトにおいて、
「プロフィール」のページというのは
意外とアクセスが多いものです。

 

 

 

みなさんも興味のあるサイトを見つけたら、
「どんな人が運営してるんだろう?」
とプロフィールページを見ませんか?

 

 

 

そのページにどんなことが書いてあったら、
さらに興味を惹かれますか?

 

 

 

または、
「この人に会ってみたい!」
と思うでしょうか?

 

 

 

もし、、、

 

・ ただの履歴書みたい
・ 資格や経歴が羅列されているだけ
・ 人柄が全くわからない
・ 自慢が多い自己陶酔型である
・ 長過ぎる

 

 

こーんな内容を書いていたら要注意!!!

 

 

 

もしあなたがお客さまの立場だったら、、、

 

関係ない資格ばかりが並んでいる人を
信頼できますか?

 

 

会ったことのない人の
自慢話なんて聞きたいですか?

 

 

そんな人に共感できますか???

 

 

 

もちろん、そのサイトの専門性に合った
専門家としての実績があるのであれば
プロフィールに掲載するのはアリです。

 

 

 

たとえば、、、

 

これまで500社の売り上げを
平均30%アップさせました!

 

といったように、
具体的な数字を入れるとさらにGOOD♪

 

 

 

でももし、
起業したての頃で
まだ実績がない場合はどうしましょう??

 

 

 

そんな場合は、、、

 

「桃太郎」に学べ!

 

です。

 

 

 

そう、あの昔話の「桃から生まれた桃太郎」。

 

 

illust3607

 

 

みなさん、桃太郎はご存じですよね?

 

 

 

なぜ桃太郎のストーリーは
こんなにも長くそして多くの人に
語り継がれ、心に残るのでしょうか?

 

 

 

その答えは、、、

 

「神話の構造」に基づいているから。

 

 

 

「神話の構造」の詳細については、
長くなるので、ここでは詳しく解説しませんが、
古代から語り継がれる物語には、共通点、
つまり「型」があるということ。

 

 

 

その型=フレームワークとは、、、

 

 

第一段階 未熟な主人公登場
第二段階 何らかの出来事や試練に巻き込まれる
第三段階 限界点に突き当たり、起死回生のきっかけに出会う
第四段階 試練を乗り越える
第五段階 問題解決し報酬を得る

 

 

神話の構造

 

 

長年にわたって語り継がれる
魅力あるストーリーの数々は、
同じようなパターンで書かれている。

 

 

 

これが神話の構造です。

 

 

 

実はわたしたちの知っている
「桃太郎」もしかり。

 

 

 

フレームワークを単純化すると、、

 

「行く」 → 「試練」 → 「帰る」
となります。

 

 

 

桃太郎の場合は、

 

①仲間を見つけ鬼が島に行く
②命がけで鬼と戦う
③鬼に勝って村に戻る

 

 

 

この型=フレームワークを
プロフィールに利用すれば、、、

 

 

読む人を惹きつける
ストーリー型プロフィール
作成することができます(*^ー゚)b

 

 

 

取り立てて書くほどの実績がない場合、
自分の想い(ミッションやビジョン)を
書くというのも有効ですが、

 

この神話の構造のフレームワークに
当てはめてプロフィールを組み立てると
共感型のプロフィールを作れますよ♪

 

 

 

ぜひ今一度、自分のプロフィールが
共感型になっているか、
見直してみてくださいね(^_-)☆

 

 

 

 

 

 

本日ご参加いただいたお二人です☆

 

20140819

 

 

左:和田加奈子さん(アドラー勇気づけリーダー)

http://ameblo.jp/sekaka1221/

 

 

右:竹内美穂さん(企業コンサル)

 

 

 

 

2人とも、ご自分にしっかりと向き合って
素敵なプロフィールが出来上がりましたよ♡

 

ご参加、ありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 ★無料メール講座★

スクリーンショット 2013-10-12 20.45.25