ブログネタをデジタルで管理する方法 - わたしスタイルLABOわたしスタイルLABO
2019.1.28
スクリーンショット 2019-01-27 17.48.41

ブログネタをデジタルで管理する方法

こんにちは。

 

 

ウェブが苦手な事業者のための
webメディア戦略コンサルタント
わたしスタイルLABOの滝田です。

 

 

 

普段何気ない瞬間
例えば、、、

 

髪の毛乾かしている時とか
電車に乗っている時とか
トイレに入っている時とか(笑)
「あ!これ後でブログに書こう!!」

 

と、急にネタが降ってくることありませんか?

 

 

 

思いついて
すぐに書ければいいけど、

 

後になってから
いざ書こうとパソコンの前に座ると、

 

「あれ?何について書こうと
思ってたんだっけ???」

 

 

なーんてことも。

 

 

 

悲しいかな
人間は忘れる生き物なのです汗

 

 

 

ブログネタに限らず
忘れたくないことはどこかに
記録に残しておいたほうがいいですよね。

 

 

 

紙のメモに残しておいても
メモを紛失してしまったり

 

そもそもいつでもどこでも
紙とペンがあるわけじゃないから

 

できれば
デジタルで管理することを
オススメします。

 

 

 

と言うわけで今日は、
ブログネタのデジタル管理術について。

 

 

 

 

ネタ帳として使えるデジタルツール5つ

 

 

メモ帳

 

 

IMG_3146

 

 

1つ目は、
iPhoneのメモ帳アプリ
記録しておく方法。

 

 

 

これは実際
今までわたしがやっていた方法です。

 

 

 

iPhoneだけでなく、Androidにも
メモ帳アプリは標準で入っていますよね。

 

 

 

シンプルな機能のメモ帳なので、
紙のメモ帳に書く感覚で
気がついた時にすぐ書けるのがメリットなのですが

 

書いたものをフォルダで仕分けるなど
整理する機能はないので、

 

メモ帳を他の目的でもよく利用する場合、
新たに追加していくとどんどん埋もれてしまいます。

 

 

 

すぐに
ブログに記事を起こすのであればいいのですが、
時間が経ってしまうと、
書いたこと自体すっかり忘れていることも(苦笑)

 

 

 

検索機能はあるので、
「ブログネタ」と最初にタイトルをつけ
そこにどんどん書いていくようにしています。

 

 

 

 

メール

 

 

スマホメール

 

 

ネタを思いついたら、
自分宛にメールするという方法

 

 

 

例えば
電車に乗っている時に

 

web検索したページのURLや
つり広告で目に付いたネタ
読んでいるメルマガで気になった箇所

 

などを
メール作成画面にメモして
自分宛に送信します。

 

 

 

あらかじめフォルダを作っておき
自動で振り分けされるようにしておけば

 

ブログを書く際には
ネタ張フォルダを開いて
必要なアイディアを取り出せます。

 

 

 

ブログカテゴリー別に
サブフォルダも作っておけば
さらに使い勝手がアップします。

 

 

 

メールは誰でも使うツールだし
操作性も慣れているので
すぐに使えるシンプルな方法ですね。

 

 

 

 

LINE

 

 

IMG_3155

 

 

LINEで自分だけのトークルームを作り
メモ帳代わりに使う方法です。

 

 

 

LINEには、
「グループトーク」という機能があり
複数の友達とグループでトークができますが、

 

このグループトーク、
実は自分一人でも作成できます。

 

 

 

友達を招待せずにグループを作成すると
メンバーは自分だけに。

 

 

 

そこに思いついたネタを投稿していきます。

 

 

 

ボイスメモやノート機能も使えますから
さまざまなタイプのデータを
簡単かつ気軽に残しておくことができます。

 

 

 

LINEも日常でよく使うアプリだ
という人が多いでしょうし、
特に難しい操作が必要ないのと

 

トークルームを
一番上に固定しておけば

 

メールのように
埋もれてしまうことはないので、

 

後から探したい時に
すぐに見つけやすくて便利です。

 

 

 

 

evernote

 

 

スクリーンショット 2019-01-27 18.01.49

 

 

メモ、アイデア、リスト、リマインダーなど
さまざまな情報管理やタスク管理に
evernoteを使っているという人も多いはず。

 

 

 

ノートやファイル、写真、ボイスメモなどを記録し
一ヶ所に整理できるのが特徴で、

 

スマホに限らず、
どの端末からも参照できるので便利です。

 

 

 

後で読みたいwebページを
クリップする機能もあったり、

 

音声操作でEノートを作成、
更新、検索することもできます。

 

 

 

ブログネタを記録しておくのには
とても便利なツールですし、

 

タスク管理もここで一元化できるので
使いこなせれば相当いい武器なはず

 

 

なのですが、、、

 

なぜかわたしには
evernoteは向いていないようで、

 

何度も使おうと
チャレンジしては挫折しています(涙)

 

 

 

多機能すぎるからか
毎回、使い勝手に慣れる前に挫折。

 

 

 

これ使いこなせたら
かなり便利なはずなんだけどなぁ。

 

 

 

 

trello

 

 

スクリーンショット 2019-01-27 17.48.41

 

 

今回わたしがブログネタ管理に
新しく導入したのが「Trello(トレロ)

 

 

trelloトレロは基本的には
タスク管理のためのアプリで、

 

伏せんをボードに貼るような感覚で
使えるツールがです。

 

 

 

ボードに貼ったり剥がしたりといったことが
簡単にできるので、

 

タスク管理やToDo管理に
最適と言われています。

 

 

 

詳しい使い方は後述しますが、

 

とにかく直感的に使える
シンプルな仕様なので、

 

evernoteで挫折したわたしにも
trelloなら使いこなせるかも!?

 

と言うわけで使ってみました。

 

 

 

 

ブログ作成の時短に挑戦!Trello(トレロ)使ってみた

 

 

ネタ帳としてのTrelloトレロの使い方

 

 

Trelloは基本的に
タスク管理のためのツールですが

 

もちろんevernote同様、
アイディアを書き溜めておくこともできます。

 

今日は「ブログ管理ツール」としての
Trelloトレロの使い方について詳しく解説しますね。

 

 

 

登録して、ダッシュボードを開いたら、
「新しいボードを作成」をクリックし、「ボード」を作成する。

 

 

ボードタイトルは「記事ネタ張」などつけ、
非公開に設定。

 

 

 

 

「リスト」=ブログカテゴリー

 

 

スクリーンショット 2019-01-27 17.28.09

 

 

次にリストを作成をクリックし、
リストにはブログのカテゴリーを設定します。

 

 

 

カテゴリーが多いと、
ネタを整理するのが煩雑になるので、
だいたいタイトルは5個程度が良いです。

カテゴリーを全部追記したら、
最後に「公開済」と名付けた
リストを作っておきます。

 

 

 

そのメニューで
ブログを書いたら「公開済み」に移動します。

 

 

 

書き終えた記事のネタは
最終的にこのタスクに移動させます。

 

 

 

「カード」=記事ネタ(仮タイトル)

 

 

スクリーンショット 2019-01-27 17.30.08

 

 

リスト=カテゴリーができたら、
「+カードを追加」をクリックし、
適切なカテゴリーの中に「カード」を作成します。

 

 

 

この「カード」が記事のネタになる部分です。

 

 

 

ブログの記事タイトルは
仮タイトルでOKです。

 

 

後からいくらでも修正はできるので、
思いつくままに書き込んでいきましょう。

 

 

 

「コメント」=思いついたこと

 

 

スクリーンショット 2019-01-27 17.32.06

 

 

さらに詳細な内容を記入するには、
1つの記事テーマのカードをクリックすると

 

詳細設定のウインドウが開くので、
「コメント欄」をクリック。

 

 

 

ここにさまざまな
ネタやアイディア
参考URLなどを記入していきます。

 

 

 

画像や音声、動画ファイルを
アップすることも可能です。

 

 

 

「詳細説明」=見出し

 

 

スクリーンショット 2019-01-27 17.44.44

 

 

「詳細説明」の部分には
ブログの小見出しを書き込みます。

 

 

小見出しとは、
「見出し1=h1」「見出し2=h2」「見出し3=h3」…
というように

 

表題の大見出しに対し、
文中に立てる小字の見出しのこと。

 

 

 

新聞などでよく見かけると思いますが、
ブログでも小見出しで整理しないと読みづらいし、

 

小見出しをつけることでSEO効果も高くなります。

 

 

 

ブログに書き出していく際に
さらに作業効率アップを図るために
ここでさらに一工夫。

 

 

 

「マークダウン」と言って、
プレーンテキストをHTML文書へ
変換できるフォーマットを使います。

 

 

 

この場合、
見出しの大きさをブログにコピペした際に
反映させたいので、

 

マークダウンを使って
見出しは「#(半角シャープ)」で表します。

 

 

 

見出しの大きさは#の数で決まり、
#の後に半角スペースを入れて
小見出しを書きます。

 

 

 

#:見出し1=h1
##:見出し2=h2
###:見出し3=h3
以下6まで同じ

 

 

スクリーンショット 2019-01-27 17.44.58

 

 

この記述を後からブログの
ビジュアルエディタにコピペすると

 

マークダウンの通りそのまま
見出しのサイズに反映されます。

 

 

 

 

作業効率化を図ろう!

 

 

人はものを探す時間に
年間平均150時間も費やしている
という驚きのデータもあります!

 

 

 

アナログ管理にせよ
デジタル管理にせよ

 

必要な情報がすぐに取り出せないのは
時間の無駄です。

 

 

 

情報管理はできるだけ一元化
無駄な時間をなくして有効に使いたいですよね。

 

 

 

また、
せっかく湧いたブログネタやアイディアを
忘れてしまうのは非常にもったいないですし

 

ネタを漠然と書き留めておくだけでなく、

 

ブログに書き起こす際に
ある程度まとまっていたら、
書く時間も短縮できるはず。

 

 

 

ブログを書きたいけど時間がない!
という人は、

 

普段の生活の中でネタを集め、
ちゃんと記録する癖をつけるといいですよ。

 

 

 

まっさらな状態で書くよりも
ずっと書きやすくなるはずですから。

 

 

 

ブログネタをデジタルで管理する方法
いかがだったでしょうか?

 

 

 

ぜひ自分に合った方法で
やってみてくださいね。

 

 

 

 

もう登録した???

↓↓↓

 

スクリーンショット 2018-12-25 8.13.13

 

コーチ・コンサル・士業
セラピスト・サロン先生業のための

 

理想のお客様を引き寄せる「価値観マーケティング」7日間無料メール講座

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/kachikan

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 ★無料メール講座★