【スペシャル連載】成功の鍵はビジネスマナーにあり! あなたのマナーは大丈夫?美人マナーでチャンスを逃さない。:第3回「ビジネスアイテムの確かな活用法」 - わたしスタイルLABOわたしスタイルLABO
2015.12.4
櫻あさ子

【スペシャル連載】成功の鍵はビジネスマナーにあり! あなたのマナーは大丈夫?美人マナーでチャンスを逃さない。:第3回「ビジネスアイテムの確かな活用法」

わたしスタイルLABO一押しスペシャリストによる連載記事をお届けします。

わからないことは、その道のプロに聞け!ということで、今回のスペシャリストは、イメージコンサルタントで美容医療接遇トレーナーの櫻あさ子さん。
女性起業家向けビジネスマナー教えていただきます!!

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*☆.。.:*・°☆.。.:*・

 

 

 


成功の鍵はビジネスマナーにあり!
あなたのマナーは大丈夫?
美人マナーでチャンスを逃さない。

 

 

 

第3回
ビジネスアイテムの確かな活用法

 

 

 

イメージコンサルタント・
美容医療接遇トレーナーの 櫻あさ子です。

 

 

 

「女性起業家のビジネスマナー」
第三回目の今回は、
《ビジネスアイテムの確かな活用法》について。

 

 

さて、この講座も三回目となりました。

 

 

今回も「ビジネスマナー + 女磨き」
の時間として進めてまいります。

 

 

仕事でもプライベートでも。
バリバリのビジネスウーマンは、
見た目も態度も会話も人を魅了するパワーもお持ちです。

 

 

仕事の質やステップが上がる度に綺麗が増す。

 

 

今回も引き続きマナー確認はもちろん、
美人度が増していくこともイメージしながら
ぜひお読み下さいませ!

 

 

 

第三回《ビジネスアイテムの確かな活用法》
ビジネスはコレなくしては始まらない。

 

 

大事なアイテム、名刺の扱い
についての確認をしていきます。

 

 

名刺交換

 

 

 

しかし!
名刺を扱うその前の大前提として、
意識していらっしゃるか
確認しておきたいことがあります。

 

 

それは、、、

 

「物を丁寧に扱うということ。」

 

 

 

貴女は、
・ドアを静かに閉めるよう意識をしていますか
・ドカッとバックを椅子に置いたりしていませんか
・お食事のとき、音を立てないようにお箸やナイフフォークを置いていますか
・物の扱いは片手ではなく、なるべくく両手で扱うように意識していますか

 

 

丁寧さを感じさせる立ち居振る舞い、これは
「きっと仕事も丁寧にこなすのだろう、」
「きっと私に対して気を配ってくれるだろう」

という心理に繋がっていきます。

 

 

ただし、
ただ丁寧であれば良いということではありません。
相手が急いでいる時に、妙にゆっくりお辞儀をされたり、
相手の欲求に合わない丁寧さは迷惑にもなりかねません。

 

 

「ゆっくり=丁寧」ではないのです。

 

 

 

スタスタ小走りでドアまできたとしても、
閉める時だけ手を添えゆっくり丁寧に。

 

さっと書類を出しても、机に差し出す時は
両手で静かに置きます。

 

 

たとえ時間をかけなくても、
動作の始めと終わりに取り込むことで
丁寧さを表現できるのです。

 

 

 

状況を察知しての動作が、
賢さまでをを伝えているのです。

 

 

そして何よりエレガントで美しい!!

 

 

このように、丁寧さに価値のある物の扱い
マナーの基本となっています。

 

 

いつも前置きが長~い、櫻あさ子のこの講座。

 

 

 

毎回お伝えしたいことは同じ、
何よりこの根っことなる部分
<思考・気配り>

 

コレがあっての
  ≪行動・マナ―≫
心こもったマナーが活きてくるのです。

 

 

 

 

ではやっと、本題です。

 

 

名刺交換をすることは、
とても大切なコミュニケーションの入り口です。

 

 

言葉も交わすことになります。

 

 

まず、基本は立って交換をします。

 

 

爽やかな健康そうな凛とした立ち姿でしょうか?

 

 

テーブル越しに交換される姿を
見受けることもありますが基本はNGです。

 

 

目上の人、クライアント様には
こちらから名刺を差し出します。

 

 

笑顔と首の下がらない軽めの会釈で名乗ります。

 

 

名刺入れは、お盆の役割もいたします。

 

 

大事な物を乗せるお盆のイメージで
お相手の名刺をご自身の名刺入れの上にいただきましょう。

 

 

キレイに指先揃え胸の高さで大切な物を丁寧に扱うように

 

 

「○○様ですね。どうぞよろしくお願いいたします。」
の一言を。

 

 

 

折れていたり、汚れている名刺を
差し出すのは失礼です。

 

 

そのためにも
いつもキレイな状態を保てる
しっかりした名刺入れが必要です。

 

 

名刺切れで困らないように、
手帳などにも予備を忍ばせておくと
いざという時に助かります。

 

 

 

またバッグはドカッと椅子の上に置くのではなく、
静かに椅子の脇床に置きます。

 

 

今の時期のコートは、
椅子の背もたれに掛けるのではなく
椅子脇に置いたバックの上に
くるっと畳んで置いておくのがいいでしょう。

 

 

 

相手からの視界になるべく物が映らないよう、
貴女がスッキリと見えるように。

 

 

 

初対面の場合には、
特にここまで気を配れるといいですね。

 

 

 

ビジネスアイテム、職種により
色々なツールを扱うと思いますが、
それぞれが丁寧に扱え、またキレイに大切な物のように
魅せる見せ方を鏡を見て練習する。

 

 

(はい、また鏡が出てきましたね。)

 

 

目標は、
丁寧でもスピーディーに、
エレガントでも手際良くアイテムを使う!

 

 

日々の意識と行動が、
貴女の当たり前の仕草となることでしょう。

 

 

 

 

さて次週は、最終回です。
ステップアップした素敵な貴女とマナー、
週末は丁寧に愛をこめて物と接してみて下さいね。

 

 

 

 

 

櫻あさ子さんプロフィール

 

 

櫻あさ子

 

 

櫻あさ子(さくらあさこ)

 

 

祖父・父・兄と三代続く歯科医院の家系に生まれる。
幼少の頃から、父親に「患者さんはお客様である」という言葉を耳にして育つ。
その父には、装いの大切さ・色使い・笑顔でいること・
なめらかな仕草や話し方が人を気持ち良くさせるという躾を受け成長した。

 

 

接遇講師、パーソナルカラーリスト、イメージコンサルタントとしての活動に加え
カラースクール講師、イメージコンサルタント養成講座を行ってきて、
メイクを変える・容姿を変える・声の出し方を変えることで
人前で話すことに自信がなかった人も、何十人かを前にしたセミナーが
できる講師になるまでの育成を実践してきた。

 

 

実績を認められ、 2010年には、
厚生労働省の人材教育支援事業への参画を求められる。
特に、美容系企業人材の育成の為のトータルビューティー講座を企画し
自らも授業を受け持ちながら、10企業で25名の講師の統括も行い、
成果を出し数多くの就職支援に成功。

 

 

現在は研修や医院・ネイルサロン等のコンサル、
個人や経営者様へのサービスが主になった今でも
ANAインターコンチネンタルホテル東京、セルリアンタワー東急ホテル、
箱根富士屋ホテル等でのブライダルスタイリストとして、
8年ホテル接客の現場に立ち、一接客人として日々お客さまに喜びを届けている。

 

 

独自の接遇マナープログラム「PISトレーニング」は
個々の力が企業様全体を持ち上げることとなるよう確立されている。

 

 

私生活では、現在着物を美しく着こなすことに興味を持ち着付けをマスターしたところ。
踊りの先生に自らも「しぐさ美人」を享受中。
また、ランニングや山登り等の体を動かすことも大好き。
静と動をバランス良くミックスした包容力のある女性が永遠のテーマである。

 

 

http://www.styleplus.jpn.com

 

 

 

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
「いいね!」や「コメント」での応援お待ちしてます☆

 

◆「わたしスタイルLABO」Facebookページ
https://www.facebook.com/watalabo

 


 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 ★無料メール講座★

スクリーンショット 2013-10-12 20.45.25