【スペシャル連載】スキルの講座化が仕事を呼ぶ!セミナー開催で顧客を獲得する4つのポイント:その1「職人タイプの人ほど“先生”になれ!」 - わたしスタイルLABOわたしスタイルLABO
2015.10.16
whiteboard_memo_woman のコピー

【スペシャル連載】スキルの講座化が仕事を呼ぶ!セミナー開催で顧客を獲得する4つのポイント:その1「職人タイプの人ほど“先生”になれ!」

わたしスタイルLABO一押しスペシャリストによる連載記事をお届けします。

わからないことは、その道のプロに聞け!ということで、今回のスペシャリストは、わたしスタイルLABOの滝田加奈子がお届けします!
せっかく良いコンテンツ、サービスを持っているのに、なかなかその良さが伝わらない、、、。
そんな人に向いているのが、セミナー開催。スキルを講座化してセミナーを開催し、仕事を獲得するノウハウについてお伝えします。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*☆.。.:*・°☆.。.:*・

 

 

こんにちは♪
わたしスタイルLABOの滝田です。

 

 

 

先日、

 

【事例】セミナー開催で仕事の幅が広がりました!!
http://mamashacho.com/?p=12940

 

という記事で、プロカメラマンの小坂仁都美さん
わたLABOでセミナー開催をしたことによって
お仕事の幅が広がったという事例を紹介しました。

 

 

 

実はこの事例、偶然ではなく
とても再現性のある方法だったりします。

 

 

 

そこで今日から4回にわたって

 

自分の持っているスキルを講座化して
仕事の幅を広げる方法について

 

スペシャル連載としてお届けしたいと思います^^

 

 

 

 


スキルの講座化が仕事を呼ぶ!
セミナー開催で顧客を獲得する4つのポイント

 

 

 

1.職人タイプの人ほど「先生」になれ!
2.コンテンツを作るのは思っているより簡単
3.講座化によってもたらされる3つのメリット
4.キャッシュポイントとマネタイズ化

 

 

 

 

今日はその1
「職人タイプの人ほど“先生”になれ!」

 

をお届けします(*´∀`)b゚

 

 

 

 

職人タイプとは?

 

カメラマンの小坂さんのように
専門性の高いサービスを提供している方

 

 

コンサルタント、コーチ、カウンセラーのように
目に見えないものを販売している方

 

 

次世代に継承できるスキルをお持ちの方

 

 

といった
「職人タイプ」のお仕事をしている方こそ
実は技術やスキルをそのまま売り出すのではなく

 

 

まずはセミナーを開催し、
「先生」という立ち位置を確立することを
おススメします。

 

 

 

なぜなら、先生という立場に立つことで、
「ポジション」を上げることができるからです。

 

 

 

 

ポジションを上げることで起こる変化

 

ポジションとは、簡単に言うと、
あなた自身のステータスのこと。

 

 

 

ポジションを上げることで
権威性信頼性のある存在として認知され、

 

提供しているのが、これまでの商品・サービスと
まったく同じクオリティだったとしても
これまで以上に重宝されたり
感謝されたりするようになります。

 

 

 

あなた自身のスキルが向上したわけでも
能力がアップしたわけでなくても。
相手のあなたへの見方が変わっただけです。

 

 

 

もちろんスキルや能力を上げるための
努力を怠ってはいけませんし
見せかけだけの権威では
すぐにメッキは剥がれます。

 

 

 

そこにはしっかりと専門家としての
知識やスキルがあるということが
大前提にはなりますが、

 

ただ単に知識やスキルがあるだけで
仕事の依頼が絶えないということはありません。

 

 

 

同じ能力を持っていても

 

「選ばれる人」
「選ばれない人」

 

がいるのはなぜか?
を考えるべきです。

 

 

 

 

選ばれる人がしていること

 

職人として地道にコツコツと
専門家の立ち位置を作り上げるのもいいですが、

 

スピード感を持ってその立場を確立したかったら、
セミナーを開き「先生」として
発信することをおススメします。

 

 

 

選ばれる人というのは
自分の「見せ方」がとても上手です。

 

 

 

プロモーションの上手さもありますが、

 

そのひとつは先ほど言った
ポジションを上げることで
「見え方」を変えるという方法。

 

 

 

つまり、先生になり
権威性と信頼性を高める
ということでしたね。

 

 

 

特に、目に見えないものを販売している
「自分自身が商品」という職業の方は
「関係性のビジネス」です。

 

 

 

だからこそ、自分自身のポジションを上げ
関係性をきちんと構築し、尊敬される立場でないと
仕事に見合ったな対価=お金をいただくことはできません。

 

 

 

「先生」という立場は
権威性や信頼性を上げてくれます。

 

 

 

 

いかがでしたか?

職人タイプの職業の人ほど
「先生」になったほうがいい理由、
おわかりいただけたでしょうか。

 

 

 

次回は、、、

 

「2.コンテンツを作るのは思っているより簡単」

 

をお届けします!

 

 

 

お楽しみに〜♪

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 ★無料メール講座★

スクリーンショット 2013-10-12 20.45.25