【WEB活女子部】「告知記事」「募集案内」テンプレート(ひな形)大公開 - わたしスタイルLABOわたしスタイルLABO
2015.6.17
sozai_24317

【WEB活女子部】「告知記事」「募集案内」テンプレート(ひな形)大公開

わたしスタイルLABOスタッフによる、「小学生でもわかる!超WEBの苦手な女性起業家のためのWEBメディア活用術」をお届けします!その名も「WEBメディア活用・起業女子倶楽部」略して【WEB活女子部】。「WEBは苦手~~~~(>_<)」という貴方もWEB活女子部に入部すれば、たちまちWEBメディア活用の達人になれます(*^ー゚)b

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*☆.。.:*・°☆.。.:*・

 

 

こんにちは♪
わたしスタイルLABOの滝田です。

 

 

 

セミナーやレッスンなどの告知記

「どんな風に書けばいいのかわからない、、、」
とお悩みのあなたに。

 

 

 

今日はわたしが告知記事を書く際に
こんな風に書いていますという
テンプレート(ひな形)を教えちゃいます。

 

 

 

普段いろんな告知記事を目にしますが
ずいぶん不親切だな~(>_<)
これじゃあ行きたくならないな~ (;´д`)
という「残念な告知記事」も少なくありません。

 

 

 

注意点としては、、、

 

 

 

★あちこちのページに飛ばさない

 

他のページに書いてあるから、、、と
必要な情報を載せず、お客さまに探してもらうというのは
とても不親切だと思います。

 

またリンクをたくさん貼って
あちこちのページに飛ばすというのも
元のページに戻れない原因になります。

 

告知記事というのはゴールが「お申込み」です。
その記事内に欲しい情報はすべて記載し、
お申込までお客さまを迷子にさせないようにしましょう。

 

 

 

★お客さまにとってのベネフィットを明確に

 

どんなお客さまが対象で、そのセミナーを受けたら
一体どんな効果を得られるのか?

 

お客さまのBefore⇒Afterを示してあげることで
「わたし事」として捉えてもらいましょう。

 

 

 

★お申込みは目立たせる&簡単に

 

せっかく「いいかも!」と思っていただいても
どこから申し込めばいいのかが分かりにくいと
お客さまはストレスを感じます。

 

「申込はこちら」と大きく目立つように。

 

また、申込み方法も重要です!

 

メールで必要事項を送ってもらったり、
ましてや電話で申込みだとハードルが高いので、
できれば申込フォームでお申込みいただくのが
一番ストレスがなく気軽でいいでしょう。

 

万が一フォームで上手く申し込めない場合は
メールでお申込みくださいとするのがいいと思います。

 

 

 

★お申込みの入力項目は少なめに

 

お申込み時にいただく個人情報としては、
氏名、アドレス、緊急連絡先(電話番号)
この3つくらいで十分です。

 

申込の際に記入する項目が多いと
面倒くさくなったり、不審に思って
離脱してしまう可能性があります。

 

最初はできるだけハードルを下げる

 

どうしても事前にいただく必要な情報があれば、
お申込み後に、メールで事前アンケートとして
いただくようにしましょう。

 

 

 

 

では、、、
お待たせいたしました(*^ー゚)b

 

 

 

告知・募集記事のテンプレートです。

 

 

 

sozai_24317

 

 

 

 

告知・募集記事テンプレート

 

 

【~~~な方へ】
ターゲットはどんな人なのか?をわかりやすく。
<例>
集客でお困りのあなたへ

 

 

 

【キャッチコピー&セミナータイトル】
セミナーの特徴や利点をPRするようなキャッチコピーと
セミナータイトル。

<例>
あなただけの「強み」を活かし成功を加速させる!
「ユダヤ式ナンバーコード」セミナー

 

 

【お客様へのメッセージ】
セミナーを受講するとどうなるのかを
わかりやすく書きます。

<例>
このプレスリリース活用セミナーは、
新聞、テレビ、雑誌などの「メディア」に
取り上げてもらうにはどうしたらいいんだろう?
そんな疑問をお持ちの方のためのセミナーです!

 

 

 

【こんな方におススメです】
☑ ~~~な方
☑ ~~~な方

 

どんな人が対象なのか?
来てほしい人物像を明確にし、
「あ、わたしのことだ!」
と思ってもらいます。

 

 

 

【こんな効果があります】
【こんなことが学べます】

 

☑ ~~~になれます
☑ ~~~の方法

 

「こんな方におススメ」が
Beforeだとしたら、こちらは
After、つまり受講後「どうなれるか?」です。

 

 

 

【お客様の声】
同じセミナーを過去に開催したことがあれば、
その時の参加者の声、感想を載せます。

 

初開催のセミナーの場合は、
別のセミナーの感想を参考として
掲載してもよいでしょう。

 

 

 

【よくある質問】
お申込みするにあたって、お客さまの不安要素を
取り除いておきましょう。
お客さまから受ける質問を想定し回答する
Q&A方式で書くとわかりやすいです。

 

 

 

【講師プロフィール】
どんな人が講師を務めるのか?は
受講者にとってとても重要な情報です。
どんな風に役に立てる人物であるか
また専門家であるかを示しましょう。
プロフィール写真も掲載しておきます。

 

 

 

【セミナーの開催概要】
◆日時
◆会場(名称、住所、地図、アクセス)
◆参加費(金額、お支払い方法)
◆申込方法
◆持ち物

 

 

 

【キャンセルポリシー】
お申込み後、キャンセルした場合、
いつからキャンセル料が発生するのか
記載しておきましょう。

 

<例>
・セミナー当日5日前の午後19時まで:無料
・セミナー当日2日前の午後19時まで:受講料の50%
・セミナー前日•当日:受講料の100%
※無断欠は当日キャンセルに該当します。
※返金時の振込手数料はご負担ください。

 

 

【セミナー風景の写真】
これまでのセミナー全体風景の写真や
講師の様子がわかる写真など
何パターンか用意し、告知文の間に
差し込んでいきます。

 

 

セミナーがどんな雰囲気で行われているか
受講する前にわかると安心できますよね。

 

 

 

【お申込みはこちら】
そのページ内にお申込みフォームを
埋め込んでしまうか、または
お申込みボタンの画像を入れて、
そこをクリックするとお申込みページに
飛ぶようにします。

 

長い告知記事の場合は、「お申込み」は最後だけでなく、
途中いくつか入れると、最後まで読まずに
お申込みを決めた人もスムーズに申し込めます。

 

どこから申し込めばいいのか
申込方法がわかりにくいのは
とてもストレスなので、ここはしっかり
目立たせて、わかりやすくしましょう。

 

 

 

 

上達への近道は〇〇すること!

 

 

上手な告知記事、募集案内を書きたかったら、、、

 

 

まずは、
上手に書けているな~と思うページを
たくさん見ること。

 

そして、
そのページを研究し、
最初は「真似をしてみる」こと。

 

セールスライティングやキャッチコピーも
いいな~と思うものがあったら
どんどん真似てみてください。

 

 

 

たくさん見たり、書いたりしているうちに
どんどん腕が上がってくるはずです(≧ω≦)b

 

 

 

手前味噌ですが、、、
わたしもこれまでたくさんの告知ページを
書いてきました。

 

 

直近で開催されるセミナーの告知記事を
リンクしておくので、参考にしてみてください。

 

 

 

【残1席】スマホで一眼レフ並の撮影!
「プロカメラマンに学ぶ スマホカメラ活用セミナー」
http://mamashacho.com/?page_id=12537

 

 

 

【残席わずか】
広告費ゼロで新たなお客さまを呼び込む!
個人事業主のためのプレスリリース活用セミナー
http://mamashacho.com/?page_id=11576

 

 

 

【キャンセル出ました!残1席】
あなただけの「強み」を活かし成功を加速させる!
女性経営者・個人事業主のための
「ユダヤ式ナンバーコード」セミナー
http://mamashacho.com/?page_id=12583

 

 

 

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

WEBが超~苦手でもわかる!
本日の「WEB活女子部」いかがでしたか?
わかりやす~い!納得~~~!!!と言う人は、
ぜひ「いいね!」をポチっとしてね♡

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 ★無料メール講座★

スクリーンショット 2013-10-12 20.45.25