【コラム】批判されたらどうしよう? - わたしスタイルLABOわたしスタイルLABO
2015.5.8
7d919158c0dabaaf46ed2c20a1feeb7e_m

【コラム】批判されたらどうしよう?

こんにちは、わたしスタイルLABOの滝田です。

 

 

 

今日はコラム(*^ー゚)b
あいかわらずの辛口?注意(笑)

 

 

 

批判されたらどうしよう?

 

 

 

7d919158c0dabaaf46ed2c20a1feeb7e_m

 

 

これから起業したい人、
または起業してどんどんビジネスを加速したい人には
ぜひ「しゃべる」「書く」か、
とにかく発信してください!

 

 

と、セミナーなどではお話しています。

 

 

 

 

もちろん、web上での集客を想定していなければ
ご紹介や口コミでお客さまに
集まってもらえばいいので、

 

ムリに「ブログやってください」とか
「Facebookやりましょう」とか
言うつもりはないのですが、、、

 

 

やはり発信したほうが
ビジネスに加速度が増すと思います。

 

 

 

 

何を発信すればいいの?
ということもよく聞かれますが、

 

それ以前に、

 

 

批判されるのが怖くて、発信ができない(@_@;)
最初の一歩が踏み出せない(>_<)

 

 

 

そんな相談もよく受けます。

 

 

 

 

確かに
「ブログが炎上した」
なーんて話を聞いたり、

 

「Fcaebookはプライバシーダダ漏れで怖い」
なーんて話を聞くと、
(ちゃんとセキュリティ設定すればそんなことないですよー^^;)

 

 

 

本当に大丈夫かな?!
と、不安になっちゃいますよね (;´д`)

 

 

 

 

しかしですね、、、

 

批判する立場からしたら、
批判するってほーんと簡単。

 

 

 

 

特にリアルなつながりがない世界、匿名の世界、
たとえばTwitterとか、ブログとか、SNSとか、
そういう場所ではモノ申しやすいわけで、

 

 

 

どんな世界にも、批判好きはいます。

 

 

 

 

でもね、そういう批判だけする人に限って、
「じゃあ自分は?」って言うと、
口ばっかりって人もたくさんいるわけ。

 

 

 

 

だから逆に批判されるということは、
少なくとも
「ちゃんと行動してる証拠」。

 

 

 

 

誰かを批判するならば、
「こうしたほうがいい」
「わたしならこうする」

 

という
代替案とそれを実現するだけの行動力がないとねー。

 

 

 

 

代替案も行動する勇気もないのに
そーんな口ばっかりの人を気にする必要なんて
これっぽっちもないし(≧ω≦)b

 

 

 

 

だいたいね、100人の人がいて、
100人に好かれるなんてことまずあり得ません。

 

 

 

キライな人2割、ふつうの人6割、好きな人2割。
俗にいう、2-6-2の法則。
まあ世の中そんなもの。

 

 

 

 

自分のことを嫌いな2割にフォーカスして、
やりたいことを諦めるなんてナンセンス

 

 

 

 

批判されてなんぼだー!
と思ったほうがいい(笑)

 

 

 

みんなに好かれようと八方美人になって
ありきたりなこと、無難なことばかり言ってても
誰も見向きもしてくれません。

 

 

 

って、ここまで書いておいて何だけどね、、、

 

 

 

 

そもそもさ、
批判されるほど有名なのか?って話(^^ゞ

 

 

 

何冊も本出してるとか、テレビに出まくってるとか
まあそこまで有名だったら、いわゆる
バッシングとかもあるかもね~。

 

 

 

 

実際問題、無名な人にそこまでバッシングされるような
ネタがあると思えないし、よほどのことがなければ
炎上とかも起こり得ません^^;

 

 

 

 

ちなみに、わたしも一度も経験ありません!!
(って威張るなって?笑)

 

 

 

 

なので、バッシングや炎上が起こるくらいに
もっともっと精進します、、、(||-д-)チ――ン

 

 

 

 

 

同じようなお悩みで、
本名や顏を出すのが怖い、、、

 

というご相談もよくありますね。

 

 

 

 

そちらは、先日のコラムにも
書きましたが、、、

 

【コラム】結局最後は、、、「〇〇できるか?」

 

 

 

ちゃんと考えた上での戦略ならOKです。

 

 

 

 

職業や職種にもよるでしょう。

 

 

たとえば、占い師とか、スピリチュアルカウンセラーとか
神秘性を残しておいたほうが良い場合もあります。

 

 

 

 

あとは、キャラクター戦略で
顔出しせずとも上手くいっている例もありますから、
一概にNGとも言えません。

 

 

 

 

ただね、もし自分が商品・サービスを
買うお客さんの立場だったら、、、
と、考えてみてください。

 

 

 

 

名前もわかなない
顔も知らない
何も発信していない

 

そういう状態の人に、
会ってみたいと思うか?
相談してみたいと思うか??
お金を支払う勇気があるか???

 

って、そこです。

 

 

 

ぜんぜんノープロブレム Σd(≧▽≦*)
でしたら、顔出しなし&匿名でどうぞ~☆

 

 

 

そりゃ不安だよね、、、Σ(@ω@;)
って思うなら、ちゃんと安心させてあげてください。

 

 

 

 

顔を出して、名前を出して
きちんと発信して、、、

 

 

 

実際にやってみると、
デメリットよりもメリットが多いことに
気づくはずですよ~☆

 

 

 

大丈夫(*^ー゚)b
あなたなら、できます!

 

 

 

 

 

 
・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
「いいね!」や「コメント」での応援お待ちしてます☆

 

◆「わたしスタイルLABO」Facebookページ
https://www.facebook.com/watalabo

 


 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 ★無料メール講座★

スクリーンショット 2013-10-12 20.45.25