【女性起業家インタビュー】熊田美佐さん:おしゃれなふくさ専門店choco*t (ちょこっと) 代表 - わたしスタイルLABOわたしスタイルLABO
2014.12.16
kumada_eyechatch

【女性起業家インタビュー】熊田美佐さん:おしゃれなふくさ専門店choco*t (ちょこっと) 代表

わたしらしさとお金の両立を実現する「わたしスタイルLABO」。
「好きなこと×得意なこと」のわたしスタイルで起業し、イキイキと輝いているステキな女性起業家のみなさんをご紹介します。
「いいね!」やコメントでの応援もよろしくお願いいたします!

 

 

 

本日のキラリ☆女性起業家さんは、熊田美佐さん。

 

 

「おしゃれなふくさがない!」というところに目をつけ、リバティやアニマル柄など、
これまでにないおしゃれなふくさの制作と販売を手掛ける、
おしゃれなふくさ専門店choco*t (ちょこっと)をオープン。

 

またご自身の経験から、ママが家族との時間をメインとしながらも、
自分らしく働くことを提案しています。
電子書籍『ママの「働きたい」をかなえる
通勤0分 おうちオフィス 』の著者でもある、熊田美佐さんをご紹介します☆

 

 

 

kumada_1

 

 

 

【会社名】
おしゃれなふくさ専門店choco*t (ちょこっと)

 

 

 

【名前】
熊田美佐(くまだみさ)

 

 

 

【事業内容】
リバティやアニマル柄など、これまでにないおしゃれなふくさの制作と販売業。

 

 

 

【理念】
丁寧にモノと気持ちを「包む」文化を、
次の世代に遺すための1つの手段としておしゃれなふくさを提案し、
「ふくさ」を使うことが当たり前の社会にするために事業を継続すること。

 

また、短時間労働、自宅で業務にあたることを可能とし、
子育て中でも時間的に無理のない働き方を実践する。

 

 

 

【主な活動場所】
兵庫県西宮市、甲子園球場の近くに電子書籍でも
取り上げたおうちオフィスがあります。
そこで日々業務に当たっています。
ふくさの販売はネットショップが中心です。

 

 

 

【起業のきっかけ】
長男妊娠時からかれこれ5年ほど専業主婦だった私。
三男を出産して半年ほど経ったときに、
夫に「そのうちまた仕事がしたいなら今から何かやっておかないと無理やで」と
いわれたことから、とりあえず行動開始。

 

フリーペーパーで見つけた「ドリームマムプロジェクト(ドリマム)」1期生にエントリーし、
インテリア好きと、家庭科の教師だったことを活かして、
ファブリックパネルのワークショップでロハスフェスタに出展しました。

 

それをきっかけに開業届けを出し、起業。夫に借りた5万円でのスタートでした。
ファブリックパネルレッスンや、布小物の制作をしながらも、商材に悩む日々が半年ほど。
そんなとき、買い物途中に見かけた「かわいくないふくさ」から、
「ふくさって日本のいい文化なのに、廃れていっているな…。
もっとおしゃれなふくさがあれば広まるのに…。いや、私が作ればいいんだ!」とひらめき、
「おしゃれなふくさ専門店」に道を決めました。

 

また、5年ほどの専業主婦期間中に「働きたくても働けない」
という気持ちがずっと心にありました。
保育所の待機児童が多かったことや、
第二子・第三子の妊娠出産が続き、再就職のタイミングを決めかねてしまい、
自分はもう社会に戻れないような気がしていました。

 

もっと早くに、自分で起業するということを知っていたら、
あの数年間をもっと楽に、そしてもっと楽しく育児ができたかもしれないという想いがあります。
そのため、自分のような起業スタイルを発信すること、
また子育て中で短時間しか働けない人や
自宅での作業が希望の人たちが働ける場を作ることが使命だと思っています。

 

 

 

【仕事以外で夢中なこと】
仕事だけでも、ふくさの制作やネットショップ運営、
さらにラジオなど様々なことに取り組んでいるので、
特に他に趣味などがありません(笑)。

 

あえて言うなら、仕事に関連して学びの場に行くことが楽しみです。
大人になってからの学びは大変ですが、すごく楽しいです。

 

 

 

kumada_3

 

 

 

【仕事中の失敗談】
それこそ山ほどありますが…。

 

すんごい焦ったのは、手配がちゃんとできてなかったようで、
出荷の荷物の集荷が来なかったことです。
どうしても今日の出荷にしなくちゃいけない荷物があるのに、
いつもの時間帯に宅急便の集荷がこない…。
営業所に電話をしたら「今すぐ持ってきてもらわないと今日の出荷は無理」とのこと。

 

車が運転できないので、タクシーを呼んで法律上問題ない程度にぶっとばしてもらいました。
その後に別の仕事(ラジオの生出演!)も控えていたので本当にハラハラしました。
無事にすべて間に合ったものの、やっぱり何事も早めに…と再認識した出来事でした。

 

 

 

【失敗をこんな風に乗り越えた!?】
とにかく使えるものは使う…笑。
失敗したときには特に「時は金なり」ということを意識します。
失敗へのフォローは早さが肝心。
時間をお金で買ってでも、対処するほうが後のためになると思っています。

 

 

 

【起業したい女性にメッセージ】
あくまでも「起業」は自分の目標や目的を達成するための1つの手段。
自分自身が起業するもよし、起業している人の元で働くもよし、だと思います。

 

まずは自分がやりたいことをしっかり考え、
家族の状況など、自分が働くための条件と働き方を照らし合わせてを考えることが大事です。

 

どのような働き方でも、ご自身の能力を活かせる方法があるはず。
ぜひ一歩踏み出してほしいと思います。
それが、後に続く、次の世代の女性へのエールにもなると信じています。

 

 

 

 

【ネットショップ】
http://www.fukusashop.com/

 

 

【ブログ】
http://ameblo.jp/misa-chocot/

 

 

【Facebook】
https://www.facebook.com/misakumaco 
(フォローも大歓迎です)

 

 

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/chocot33

 

 

 

【電子書籍】
『ママの「働きたい」をかなえる 通勤0分 おうちオフィス』
http://urx2.nu/f5JY

 

 

 

kumada_2

 

 

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
「いいね!」や「コメント」での応援お待ちしてます☆

 

◆「わたしスタイルLABO」Facebookページ
https://www.facebook.com/watalabo

 


 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

 ★無料メール講座★